お悩みから探す

筑波大学の研究チームがアメリカの科学誌に運動と記憶力の関係を発表しました。
10分ほどの軽い運動で記憶をつかさどる脳の海馬が刺激され、記憶力が高まることが明らかになったそうです。
征矢英昭教授は「ヨガや太極拳といった手軽な運動で効果を得られる。認知症や高齢者、子供の記憶力維持や改善に役立てたい」と述べています。

20代の男女36人に10分間軽い自転車こぎの運動をさせ、植物や食べ物などが写った画像をどこまで記憶できているかテストしました。
運動直後の人はしなかった人に比べ、より細かい部分まで記憶していることがわかったそうです。
脳の画像では、運動直後で、異なる記憶を区別する「海馬歯状回」部分が特に活発に情報のやり取りをしているそうです。

しばらくご不便をおかけいたしましたが、こてつ堂ホームページが新しくなりました。
今後はスマホやタブレットでも大きな字でしっかり見ることができます。
またご注文や定期コースの選択も以前より使いやすくなっていると思います。

これからは中身を充実させて皆様のお役にたちたいと願っております。
引き続くよろしくお願いいたします。

サイトをリニューアルしました。今後ともこてつ堂オンラインショップを何卒宜しくお願いいたします。

9月6日北海道胆振東部で起きた地震により被害を受けられた方々に改めてお見舞い申し上げます。
また道内全域で電力・交通等の混乱が続いているようです。1日も早い復旧をお祈りいたしております。

宅急便につきましても現在復旧の目途がついておりません。道内への配送についてはしばらくお待ちください。

健康な睡眠と光は密接な関係があるといいます。
起きて朝日を浴びると体内時計が整い、睡眠を誘導するホルモン「メラトニン」が夜になるとしっかり分泌されます。

年配の方で不眠が増えるのは、外出の機会が減り十分な日光を浴びる機会が減った影響もあるといいます。
一部の介護施設では、最大1万ルクス程度の光を10分間浴びる療法が広まっています。